輸出からスタート


man using a PC

エスビーティーというのは中古車を海外に輸出している企業です。現在では中古車の輸出以外にも投資を行なっていますが、会社設立当時は中古車の輸出しか行なっていませんでした。

どんな企業でも、最初から2つも3つも事業に手を出しません。もちろん、それぞれの事業で成功する可能性はありますが、リスクも当然あります。複数の新しい事業を作るとなれば、それだけコストも人でも必要です。しかも、複数の事業が行き詰まってしまうと、会社として運営していくことが難しくなります。

エスビーティーは、最初は中古車輸出に目をつけました。
海外では日本の車が非常に人気ですが、現地の人が日本の車を購入しようとすると日本で販売されている価格よりも高くなります。しかも、新車となれば驚くほど高額です。そのため、「海外で中古車を販売すると人気が出るのではないか?」という部分に目をつけ、中古車の輸入をはじめたのです。しかも、中古車というのは新車に比べてかなり低価格で提供できます。

エスビーティーの目の付け所は間違っておらず、海外では日本の中古車が飛ぶように売れています。現在でも日本の中古車人気は日本国内より高く、供給が追いついていません。
現在ではエスビーティーのように海外へ日本の中古車を輸出している会社もありますが、エスビーティーは、中古車輸出の先駆者です。

現在は知る人ぞ知る会社ですが、今後は「誰もが知る会社」に成長することでしょう。